Metal金属

匠の仕事による高級感あふれる意匠表現

非鉄金属(真鍮/亜鉛ダイカスト等)の高い成型技術を保有しており、形状・外観表現を付加するための二次加工や繊細な表現が可能な二次加工により多彩で高級感あふれる意匠性を実現して頂けます。また、メッキ等の加飾によりアンティークな雰囲気づくりも得意としています。

金属(真鍮/亜鉛ダイカスト)の製法/特色

金属は主にプレスや鋳造によって成形します。鋳造の製法のひとつであるダイカスト成形では、高温で融解したダイカスト材(亜鉛合金)を金型に流し込む事で多彩なデザインを成形する事が可能です。真鍮・丹銅・リン青銅・洋白・鉄・スズ合金・ロイヤルピューター等の幅広い金属素材を取り扱っており、それぞれの素材の特性を把握した上での素材の選定・加工方法のご提案が可能です。

二次加工により創り出す高付加価値

優れた機能製品からラグジュアリー感のあるアクセサリー形状を表現できます。

加工の様子

  • 真鍮のプレス加工

  • ラバーキャストによる製作

真鍮は主にプレスや曲げ加工、亜鉛ダイカストでは高温で融解したダイカスト材を金型に流し込むことで多彩なデザインを成形することができます。
また、ラバーキャストを用いた製法では、複雑なモチーフの製品を作る事が可能です。

メタル対応レーザーによる繊細な意匠表現

極めて微細なレーザースポットでメッキ面へアプローチすることにより、繊細な意匠印字を表現致します。
弊社ではロゴマークや模様等の意匠印字を得意としており、ご要望のデザインに沿った最適な印字表現のご提案が可能です。

多彩なメッキカラーラインナップ

ベースとなるメッキ色は各種取り扱いしております。
ポリッシュ系〜マット系、アンティーク調等のメッキ表現もご用意がございますので、ご希望の色、風合いをお選び頂くことが可能です。また基材や用途に合ったメッキのチョイスをご提案させて頂く事も可能です。